顔脱毛のできる・できない箇所

顔脱毛ができる箇所とできない箇所【顔脱毛・比較ランキング】

顔は脱毛できる箇所とできない箇所があります。

ツルツルで化粧ノリのいい肌に近づくことができるサロンでの顔脱毛。顔のムダ毛のお手入れといえば、眉毛のお手入れがあります。眉毛の上下のラインを脱毛することでキレイに整えられたら、毎日のメイクも楽になりそうな気がしますよね?ではサロンでの脱毛は顔ならば、どの部分でも脱毛できるのでしょうか。顔脱毛で施術できる場所とできない場所があるのかどうかについて考えてみましょう。

 

脱毛サロンで行う顔脱毛のパーツには鼻下・アゴ・額・頬・眉間・フェイスライン(もみあげ)などに加えて、うなじや襟足を含めているところもあります。また、サロンによっては顔の一部のパーツしか脱毛をしていないところや、顔脱毛のコース自体がないサロンもあります。そのため、自分の脱毛したいパーツの設定があるサロンを選ぶ必要があるとも言えます。

 

顔の中で光脱毛の処理が行えないのは目の周りです。眉毛の下や下まぶたの骨のない部分に光を当てることはできません。顔の脱毛を行う場合も目を傷めないようにゴーグルして行うところがほとんどです。脱毛機の光は黒い色に反射します。目に直接当たるようなことがあれば、黒目の部分すなわち角膜や網膜を傷つける可能性がるのです。

 

サロンで使用されているゴーグルは光を完全に遮断することのできる特殊なものが使用されています。この点からも家庭用の脱毛機を使ってセルフで顔の脱毛をすることはお勧めできないのです。家庭用脱毛機の解説書などを見てみると、顔脱毛についてのトラブルは自己責任でと書かれているものもありますが、危険性についてきちんと説明しているものは少ないようです。

 

IPL・フラッシュ脱毛の光は非常に強く、目に直接当てると簡単に目の奥にある網膜まで到達し、やけどを起こすことがあります。涙が止まらなくなったり、激しい目の痛みや頭痛が起こることもあります。さらに視力が低下する場合もあるのだそうです。このように脱毛の光は絶対に目に当ててはいけません。

 

きちんとしたサロンであれば、目を保護することを徹底しているはず。サロンで施術を受ける場合も必ずゴーグルで保護してくれるようにお願いしましょう。