ニキビ跡・敏感肌の顔脱毛

ニキビ跡・敏感肌の場合…【顔脱毛・比較ランキング】

ニキビ跡や敏感肌…少し不安な肌状態で顔脱毛できる?

脱毛サロンで行われる顔脱毛は肌に優しいフラッシュ脱毛で行われることがほとんどです。では、ニキビやニキビ跡、敏感肌といったデリケートな肌の方についてはどうでしょうか。フラッシュ脱毛がどんな肌タイプの人でも施術を受けることができるのかどうかについて考えてみましょう。

 

まずニキビについて。ニキビが顔全体にできているような場合、施術を断っているサロンが多いようです。ひとつふたつニキビができているという場合にはその部分をさけて光を照射することで施術可能です。

 

ニキビ跡で色素沈着が起こっているような場合、フラッシュ脱毛をすることで肌のトーンが明るくなり、毛穴を引き締める効果も期待できます。もともとフラッシュ脱毛の光は美顔コースに使われるものと同じタイプのもの。毛穴を引き締めることでニキビもできにくくなり、肌のキメが整うという相乗効果が期待できるので、ニキビ跡が気になるかたにはオススメの脱毛方法と言えるのです。実際、美容皮膚科では毛穴の目立ちが気になる患者さんに顔の永久脱毛を勧めるところもあるのだとか。

 

またレーザーよりも刺激の少ないフラッシュ脱毛は敏感肌や乾燥肌の方にもオススメの脱毛方法です。フラッシュ脱毛はレーザーと違って皮膚に負担をかけません。また、顔脱毛を行っているサロンのほとんどが肌の乾燥を防ぐためのジェルを塗って施術を行うため、乾燥などのトラブルが起こることはほとんどありません。

 

ただし、敏感肌といってもアトピー性皮膚炎をはじめ皮膚科の治療を受けている方は必ず皮膚科の医師に相談してから脱毛の施術を受けるようにしましょう。

 

最近増えている女性用のシェービングサロンでかみそりによるシェービングをしてもらったところ、顔全体がカミソリ負けしてしまったという女性もいます。化粧ノリがよくなるといってもカミソリ負けしてしまっては元も子もありませんね。またシェービングサロン同様に自己処理を続けることも敏感肌の方にはお勧めできません。

 

ニキビ跡や敏感肌が気になるかたこそ、シェーバーやカミソリで肌を傷めるよりサロンで肌に優しい顔脱毛をしたほうが安心と言えるのです。